AFRO FUKUOKA [ONLINE] 福岡の今がつまったグッドライフマガジン

AFRO BLOG

福岡の今をあれこれ更新

  • CULTURE
  • 2015.11.16 Mon

ENTRY TITLE

【締切間近】“キャベツのうまたれ”でお馴染み「くばら」のあごだしチャレンジ 400mスクロールをやってみる

TEXT BY スギヤマユウスケ

TEXT BY

スギヤマユウスケ
ディレクター

福岡生まれ。なんとなく始めたことが今の仕事になっています。今も昔もテレビっ子。スカパーなしでは生きていけません。特技は暗記。

11892

パソコンやスマートフォンを見ない日がなく、生活に欠かせないものになってしまっている昨今。SNS上(特にTwitter)ではあるキャンペーンのツイートが巷を賑わせている模様です。

120年の伝統を誇る老舗のWEBプロモーション

福岡県糟屋郡久山町の老舗「久原醤油」主催のこのWEBプロモーションでは、「あごだし鍋シリーズ」の発売を記念した10日間限定のオープン型懸賞としてファン獲得キャンペーンを行っています。

久原醤油 あごだし寄せ鍋スープ

株式会社 久原醤油
120年の伝統を誇る醤油蔵・久原本家のグループ会社で、主に自社開発の調味料・食品の量販店向け営業をおこなっている
blog1

その名も「あごだしチャレンジ」。

日本最長(たぶん)400mのスマホサイト」と銘打った同キャンペーンは、ただただ400mの道のりをひたすらスワイプするというもの。最後まで辿り着いた人だけに賞金¥50,000への応募権利が与えられるそう。PCのディベロッパーツールを使用して(チート)ゴールするという記事もちらほら上がっているようすが、スマートフォンでの挑戦のみ可能とはっきり記載があるため、当選しなさそうですね。

あごだし=飛び魚(とびうお)

九州ではお馴染みの「焼きあご(とびうお)」、博多では縁起のいい高級食材として古くから親しまれ、年始のお雑煮のだしとして欠かせない存在です。あごだしの由来は「あごが落ちるほど美味しい」からだそう(諸説あり)。
※おいしさ、あごの差。久原醤油「あごだし鍋シリーズ」より参照

とびうおのバネは半端ない

海の中でマグロやシイラなどの大型魚に追いかけられたとき、その場から逃げきるために鍛え上げられた(と言われている。※くばら あごだしチャレンジより参照)跳躍力は時速50km、距離にして最高400m!驚きの身体能力。身が引き締まった脂肪分の少ないその肉体を使用したあごだしは魚特有の臭みがなく、他のだしにはない旨味をもたらすそうです。

とまあ、他のあごだしチャレンジやってみたレビュー記事にはあまり書かれていない情報を少し多めに挟んでみましたが、実際にあごだしチャレンジを400mぐんぐん進んでいく中で、随所に出てくる「あごだし雑学」でもっと知ることができます。これがスワイプには結構邪魔なのですが、よくよく読んでしまいます。

blog2

ここまでくれば指の感覚が…

あごだしチャレンジの所要時間は約30分

話をあごだしチャレンジに戻して、実際にやってみました。数々のツイートによると、「10分でいけた!」とか、「1時間もかかった…」など、個人差はあるようですが、指紋が消えない程度のスワイプ力で進み続けて約30分といったところでゴール出来ました。このチャレンジの肝は、

  • 他のボタン(SNSボタンや、リロードなど)を押さないよう、画面中央を触ること
  • 軽い気持ちで望まないこと(そこそこの時間をとられます)
  • 途中で放置しないこと(デバイスによっては放置中にページに再読み込みがかかり走行距離がリセットされる)

決して片手間でできるものじゃあありませんが、ゴールした時のなんとも言えない達成感がくせになりそう。「もう次はないな」と思っても、また翌日やっている人は少なくないでしょうね…。10日間毎日1人に¥50,000が当たる。当たりそうな気がする。そう思わせる、福岡が誇る老舗、「久原醤油」のWEBプロモーションでした。応募のチャンスは残りあと3日、挑戦してみてはいかがでしょうか?

くばら あごだしチャレンジ

http://400m.jp/

応募期間

2015年11月10日(火)〜2015年11月19日(木) 
※毎日1人1回のみ応募可能。
※チャレンジは何度でも可能。

TEXT BY

スギヤマユウスケ
ディレクター

福岡生まれ。なんとなく始めたことが今の仕事になっています。今も昔もテレビっ子。スカパーなしでは生きていけません。特技は暗記。

OTHER BLOG

その他の記事