AFRO FUKUOKA [ONLINE] 福岡の今がつまったグッドライフマガジン

AFRO BLOG

福岡の今をあれこれ更新

  • LIFESTYLE
  • 2016.8.5 Fri

ENTRY TITLE

なんかすごいスピンオフ!福岡マラソン2016公式サポーターの発表イベントに行ってきた!

TEXT BY 川崎 雅宣

TEXT BY

川崎 雅宣
AFRO FUKUOKA 編集長

タウン誌のライターとして編集を学び、この度ついに編集長へ。国民総編集者とも言えるソーシャル全盛のメディア時代に「メディアを通し何が発信できるのか?」という問いに、日々向かい合いながら生きている。

15845

福岡のみなさん、こんばんは。走ってますか?

実は本日8/5[金]は、福岡マラソン2016の開催100日前だそうです。そしてそんなキリの良い日を記念し、噂の水上公園にて福岡マラソン2016の公式サポーター発表イベントがあるということで、見学に行ってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

爆ぜるくらいの好天。暑い…

会場には、福岡の主要局のキャメラが多数取材に来ておりました。ドキドキ…。大丈夫かな…?緊張してないかな…?




ついに…!公共の場に登場

そんで、公式サポーターとしてAFROの発行責任者である西戸崎のぼること、うちの代表が登場。ついに公共電波に乗ってお茶の間のみなさんの前に…。もういろいろ急展開すぎてちょっと笑えてきますよね。もうほんと思い切りがいい。福岡市。だから好き。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

のぼるとのぼり

もともと、昨年10月のAFROのONLINEのリニューアルあたりから、謎の別人格を立ち上げて自由気ままに走りまくってブログを書く、ということを趣味にしていたのぼる氏ですけど、趣味が高じてというか、本気になりすぎて、あれよあれよという間に、AFROとは別にランニングに特化したメディア「effect」まで立ち上げて。本日ついに公共の電波に。万感の思い。本気って大切やな…。

それではイベントレポートです

イベントでは福岡マラソンの公式サポーターの任命式が行われました。雑誌「走るひと」の上田編集長、そしてeffectの発起人でありeffectの編集長、兼AFRO FUKUOKAの発行責任者、西戸崎のぼるが意気込みを語ったほか、華やかなeffect RUN TEAMも初お披露目となりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上田編集長。お手元の「走るひと」最新号、水曜日のカンパネラのコムアイちゃんが表紙です。いいなー会ってみたい。

「走るひと」上田編集長は、今回の福岡マラソンに合わせ「走る福岡」の発行を発表!10月頃の発行を予定しているそうです。楽しみー!

effect RUN TEAMも登場

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いてeffect RUN TEAMも登場!華やか!AFROにも登場してくれたことがあるモデルさんもチラホラ。やっぱモデルって走るんやね。と思ったら実はみんなRUNは初心者なんだって。

チームのみんなは随時effectに成長の様子を記録していくそうなので、ぜひ応援してあげてくださいね!

effectランプロジェクトはコチラ


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

華やか!華やか!

そんでメインイベント

で、本日のメインとなるのが、公式サポーターとしての任命式。福岡マラソン実行委員会の井口事務局長と、これまで大会サポーターをたった一人で務めてきたという福岡市営地下鉄のゆるキャラ、ちかまるくんが登場!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちかまる、かわいい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

暑かったのに…。ずっと笑ってたね。がんばったね、ちかまる。

ということで、チームを代表して、“ふじかな”こと、藤田可菜ちゃんが任命書を受け取りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ふじかなちゃん、完走目指してがんばれー!

いやー我々としても、まさかAFROのブログから始まった「西戸崎のぼる」がテレビで取材されるまでになるとは思ってませんでしたが…。もうなんかすごく壮大なスピンオフ。いろんな素敵な人たちも巻き込んで、「effect」でっかくやっとります!AFRO読者のみなさんも、ぜひ応援よろしくお願いしますねー!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後はみんなで記念撮影。華やかー!

本日のイベントの詳細レポートはコチラ

TEXT BY

川崎 雅宣
AFRO FUKUOKA 編集長

タウン誌のライターとして編集を学び、この度ついに編集長へ。国民総編集者とも言えるソーシャル全盛のメディア時代に「メディアを通し何が発信できるのか?」という問いに、日々向かい合いながら生きている。

OTHER BLOG

その他の記事