AFRO FUKUOKA [ONLINE] 福岡の今がつまったグッドライフマガジン

CULTURE

福岡のカルチャー情報をお届け

  • EVENT
  • 2015.10.29 Thu

CULTURE INFO.

福岡初!新進気鋭の国内のアニメーション作家10名のアニメーション作品を一挙公開「福岡短編アニメーション映画祭」

  • 日程
    11/8[日]
  • 時間
    第1部 11:00 − 13:00(開場10:30) / 第2回 14:00 − 16:00(開場13:30)
  • 詳細情報
    ※定員各40名
    ※各回にトーク付き
    ※1部・2部ともに同じ上映内容
  • 会場
    LIV LABO
  • 住所
    福岡市中央区大名1丁目6-8
  • 料金
    ¥1,000(+1ドリンクオーダー+¥500)
    ※小学生未満無料
  • お問い合わせ
    knee.comma@gmail.com
  • Web
    https://www.facebook.com/f.s.a.f.2015
11597
福岡では初となる、アニメーション作家の水江未来氏をはじめ、今注目すべき日本の若手アニメーション作家による作品のオムニバス上映イベント「福岡短編アニメーション映画祭」が11/8[日]に開催。

当日は、水江氏大分県出身のアニメーション作家・久保雄太郎氏のトークショーも予定しており、福岡では普段あまり観ることができない作品に出会える機会になりそう。

事前予約制、各回定員40名までなのでご予約はお早めに。

事前応募フォームはこちら

【作家名/上映作品】(敬称略順不同) ■中内友紀恵「I’m here」 ■和田淳「グレートラビット」 ■若井麻奈美「コーポにちにち草のくらし」 ■ひらのりょう「ホリデイ」 ■いよりさき「太った鳥のはなし」 ■クリハラタカシ「Happy Bogeys 11-13」 ■キューライス「失われた朝食」 ■水尻自子「幕」 ■小野ハナ「such a good place to die」 ■水江未来「MODERN No.2」 ■水江未来「WONDER」

【Special Guest】 水江未来氏/MIRAI MIZUE 『細胞アニメーション』と呼ばれる抽象・ノンナラティブ作品で注目を集める日本の短編アニメーション作家。福岡県出身。世界各国の映画祭で監督作が上映されている。アヌシー国際アニメーション映画祭では、「MODEN No.2」で音楽賞、「WONDER」でCANAL+賞を受賞。

※詳細に関しては運営元に直接お問い合わせください

  • 日程
    11/8[日]
  • 時間
    第1部 11:00 − 13:00(開場10:30) / 第2回 14:00 − 16:00(開場13:30)
  • 詳細情報
    ※定員各40名
    ※各回にトーク付き
    ※1部・2部ともに同じ上映内容
  • 会場
    LIV LABO
  • 住所
    福岡市中央区大名1丁目6-8
  • 料金
    ¥1,000(+1ドリンクオーダー+¥500)
    ※小学生未満無料
  • お問い合わせ
    knee.comma@gmail.com
  • Web
    https://www.facebook.com/f.s.a.f.2015

OTHER INFO.

福岡のカルチャー情報をお届け