AFRO FUKUOKA [ONLINE] 福岡の今がつまったグッドライフマガジン

CULTURE

福岡のカルチャー情報をお届け

  • MUSIC
  • 2015.11.11 Wed

CULTURE INFO.

スガダイロー meets ユザーン

  • 日程
    11/21[土]
  • 時間
    19:30〜
  • 会場
    ROOMS
  • 住所
    福岡市中央区大名2-1-50 大名ONOビル3F
  • 料金
    前売り¥3,500(1ドリンク付き)
    当日¥3,500(別途1ドリンクオーダー制)

    チケットぴあPコード : 279945
  • お問い合わせ
    discpsk@gmail.com
    092-712-6557
11818

福岡市中央区大名と警固に店舗がある、アパレルやアート、音楽などをセレクトしているショップ「mew」がイベントを開催!日本屈指のタブラ奏者ユザーンと、凄腕ジャズピアニストと称されるスガダイローの素晴らしきセッションを実現させる。サポートには、新たなエレクトロニック・サウンドを発掘・サポートし、海外との繋がりを深く持つ、いまや日本を代表するインディペンデント・レコード・レーベル「PROGRESSIVE FOrM」より、アルバムをリリースした音楽家soejima takumaが参加、ライブも行う。

[出演]
スガダイロー / ユザーン / Siejimataakuma+Fuwa / AnammastrA

ユザーン / タブラ奏者
オニンド・チャタルジー、ザキール・フセインの両氏からインドの打楽器「タブラ」を師事。’00年よりASA-CHANG&巡礼に加入し、『花』『影の無いヒト』など4枚のアルバムを発表。’10年に同ユニットを脱退後、U-zhaan × rei harakamiとして「川越ランデヴー」「ミスターモーニングナイト」等を自らのサイトから配信リリース。’14年には坂本龍一、Cornelius、ハナレグミ等をゲストに迎えたソロ名義のアルバム『Tabla Rock Mountain』をリリース。’15年、Ryuichi Sakamoto + U-zhaanとして「Tibetan Dance / Asience」を7inchレコードで発表。インドからのツイッターでのつぶやきをまとめた書籍『ムンバイなう。』を’10年に出版し話題となり、のちに続編『ムンバイなう。2』も刊行されている。
http://u-zhaan.com

スガダイロー / ピアニスト
1974年生まれ。神奈川県鎌倉育ち。洗足学園ジャズコースで山下洋輔に師事、卒業後は米ボストンバークリー音楽大学に留学。帰国後「渋さ知らズ」や「鈴木勲OMA SOUND」で活躍し、坂田明や森山威男、小山彰太、田中泯らと共演を重ねる。2008年、初リーダーアルバム『スガダイローの肖像』(ゲストボーカル・二階堂和美 3曲参加)を発表。2010年には山下洋輔とのデュオライブを実現。スガダイロートリオ(東保光 b、服部マサツグ ds)での活動のほか、向井秀徳(ZAZEN BOYS)、七尾旅人、中村達也(LOSALIOS、ex:BLANKEY JET CITY)、志人(降神、TriuneGods)、灰野敬二、U-zhaan、仙波清彦、MERZBOW、吉田達也(ルインズ、是巨人、ZENI GEVA)らと即興対決を行う。2013年あうるすぽっとにて開催された[N/R]プロジェクト スガダイロー五夜公演『瞬か』では飴屋法水、近藤良平(コンドルズ)、酒井はな、contact Gonzo、岩渕貞太、田中美沙子、喜多真奈美、7組の身体表現家と共演し好評を博す。2011年に『スガダイローの肖像・弐』でポニーキャニオンからメジャーデビューを果たし、2012年には初のソロ・ピアノ作品『春風』、志人との共作アルバム『詩種』、2013年自己のトリオにて『刃文』、2014年『山下洋輔×スガダイロー』『GOLDEN FISH』をVelvetsun Productsよりリリース。2015年7月、KAAT神奈川芸術劇場にて上演される白井晃/構成・演出『ペール・ギュント』では初の舞台音楽を担当。2015年4月より、FMヨコハマ/FM 84.7にて初の冠ラジオ番組「スガダイローのジャズニモマケズ」(毎週土曜日夕方6時30分〜6時45分)放送開始。
http://www.sugadairo.com/

soejima takuma / 音楽家
1990年生まれ。福岡県出身。17歳より作曲活動を開始。活動を続けていくにつれフォーレやドビュッシー、グバイドゥーリナ、権代敦彦といった近・現代音楽に傾倒するようになり、自身の創作でも和声的なアプローチやミニマル性、アート性を強く意識するようになる。同時に池田亮司や渋谷慶一郎といった非楽音的なノイズ・ミューシャンからも強い影響を受け、緻密に塗り重ねたグリッチ・ノイズや サウンド・コラージュを軸にピアノなどの生楽器を織り交ぜるスタイルを確立。近年ではBunkai-Kei recordsより2014年9月にリリースされたsmanyの2ndアルバムにピアニストとして参加、翌月にはMercedes-Benz Fashion Week TOKYOへの楽曲提供、2015年5月には画家の矢野ミチルとの共同展示など活動は多岐に渡る。

※詳細に関しては運営元に直接お問い合わせください

  • 日程
    11/21[土]
  • 時間
    19:30〜
  • 会場
    ROOMS
  • 住所
    福岡市中央区大名2-1-50 大名ONOビル3F
  • 料金
    前売り¥3,500(1ドリンク付き)
    当日¥3,500(別途1ドリンクオーダー制)

    チケットぴあPコード : 279945
  • お問い合わせ
    discpsk@gmail.com
    092-712-6557

OTHER INFO.

福岡のカルチャー情報をお届け