AFRO FUKUOKA [ONLINE] 福岡の今がつまったグッドライフマガジン

CULTURE

福岡のカルチャー情報をお届け

  • EVENT
  • 2015.10.23 Fri

CULTURE INFO.

RAIN IS POPCORN 福岡展

  • 日程
    2015/11/1[日]〜11/25[水]
  • 時間
    7:00~20:00
  • 会場
    TAGSTÅ
  • 住所
    福岡市中央区春吉1-7-11 スペースキューブ1F
  • 料金
    ワークショップ参加費 :¥1,200(税別)+1ドリンク¥500(税別)
  • お問い合わせ
    HIGHTIDE
    tel:092-533-3337(担当:ナガタ)
  • Web
    http://www.tagsta.in/
11626

ロンドンの東Walthamstowに拠点をおく、Stephen Kennyが主宰するレタープレススタジオ「A TWO PIPE PROBLEM LETTERPRESS」が、2年ぶりとなる日本巡回個展を開催!

歴史あるヴィンテージのウッドタイプ(木版)と活版印刷機を使用して、バランスの優れた配置や技法とセンスの良い言葉選びで構成された作品は本拠地であるイギリスをはじめ、日本、アメリカ、アジア、ヨーロッパで幅広く注目されている。今回の個展は、Stephen Kennyの日常の中にある『音』や『食』、『音楽』『幸せ』『愛』などからなる世界観を表現。

一見すると、抽象的な印象を受ける作品だが『シーンをイメージさせる音』や『デザイン』、『言葉』を繋ぎあわせて連想する楽しみがある作品となっている。メインビジュアルに掲げている“RAIN IS POPCORN”という作品は、黒バックが傘を意味し、傘にあたる雨の音をポップコーンに例えており、なんでもない雨の日常風景も『音』により『食』を連想させることもできることを訴えている。彼の意図するその食の持つ意味とは…幸せや平和を意味している。

またカラーテーマである、「BLACK & WHITE」の作品構成は、観る側がモノトーンからその場面を想起し、作品から感じ取る音や色で鮮やかに着色させ、物語を発展させていく効果を狙っている。BLACK ON BLACK(黒紙に黒インク)などの手法は、本来伝達や標示のために使用されてきた活版印刷の概念を超え、活版印刷のアートとしての更なる一歩ともいえる。イギリスらしい活版印刷の伝統や文字の強さを大切にしながらも、進化するStephen Kennyの活版印刷アートの世界をこの機会にぜひ体感してみて。

会期初日となる11/1の前日には、作家を囲んでのレセプションパーティを開催。11/1初日には、ノートに好きな文字を入れられる活版印刷体験を開催。

レセプションパーティ
10/31[土]19:00〜21:00
※来場制限なし

ワークショップ
11/1[日]12:00〜・14:00〜
※各回 定員10名
参加費:¥1,200(税別)+1ドリンク¥500(税別)

※詳細に関しては運営元に直接お問い合わせください

  • 日程
    2015/11/1[日]〜11/25[水]
  • 時間
    7:00~20:00
  • 会場
    TAGSTÅ
  • 住所
    福岡市中央区春吉1-7-11 スペースキューブ1F
  • 料金
    ワークショップ参加費 :¥1,200(税別)+1ドリンク¥500(税別)
  • お問い合わせ
    HIGHTIDE
    tel:092-533-3337(担当:ナガタ)
  • Web
    http://www.tagsta.in/

OTHER INFO.

福岡のカルチャー情報をお届け