AFRO FUKUOKA [ONLINE] 福岡の今がつまったグッドライフマガジン

LUNCH

そのランチ、たべてきました

  • GOURMET
  • 郊外

SPOT NAME

蕎麦 文治郎の温蕎麦とこんにゃく寿司

¥ 1,000

TEXT BY STAFF

TEXT BY

STAFF
AFRO FUKUOKA

福岡の情報ポータル&ウェブマガジン

8914

暖かくなってきましたねー。春ですよ春! ということで、春になると必ず行きたくなるのが若杉山。 それが我が家のしきたりなんでございます。 ということでひっさびさに行って参りました。 若杉山といえば『茶房 わらび野』さんが有名ですが、 その隣にひっそりと構えるのが本日おじゃましてきた『蕎麦 文治郎』。 ※『茶房 わらび野』さんについては以下ページをご覧下さいませ。 「春が来たので若杉山に行ってみた。茶房わらび野も。」さて、その『蕎麦 文治郎』、 ちょっと遅めに入店したからか、ラッキーなことに貸し切り状態! いつもは人が多いイメージだったのでよかった。

20120425_1
20120425_2

どうですかこのステキな佇まい。 ほら、麺うちの台もございましてよ。手打ちでございますのよ奥様! そしてすぐお隣に見えるは『茶房 わらび野』さん。

20120425_3

別方向には、若杉山の中腹にお店を構えるだけあってステキな眺望! カメラを持たずに出たためにiPhoneでの撮影になってしまったことを 後悔ですよ。後悔しましたよ奥様! さて、肝心のメニューでございますが、 本日はこちら、スタンダードメニューの「温蕎麦とこんにゃく寿司」をいただきます。

20120425_4

「何も足さない、何も引かない。」 そうです、目の前にある蕎麦は「THE・温蕎麦」といわんばかりの「THE・温蕎麦」。 麺にはちょうどよい歯ごたえもあり、濃いすぎないダシとからまって、 心の芯から温めてくださいますのよ奥様。 そしてこのこんにゃく寿司です。

20120425_5

寿司飯の酸味を包み込むこんにゃくの母性。たまりませんよ奥様! これでノンカロリーなんだからこんにゃくったらもう!! ついでに、相方がお召しになられたのがこちらの「ざる蕎麦とこんにゃく寿司」。

20120425_6

そうです、目の前にある蕎麦は「THE・ざる蕎麦」といわんばかりの「THE・ざる蕎麦」。 麺つゆがとてもあっさりしていてこちらも美味。美味ですよ奥様! そしてもちろんこちらにもこんにゃく寿司がついてきます。 さんざん「THE・蕎麦」を楽しみつつも、 もう一つのお楽しみがこちら「焼き鯖の押寿司」。

20120425_7

こちらの押寿司、なんともこうばしいのですよ!! 焼き鯖のこうばしさを邪魔しない、それでいてヴェルヴェットタッチなアシストを みせる寿司飯との相性。これもう病みつきますよ!! 蕎麦ダシとも相性抜群!ぜひ一緒にお召し上がり頂きたいものです。 さて、食後はもちろんそば湯をいただいてざる蕎麦のつゆまで 一滴残さずいただいちゃいましょう。 そして、 ここまで来たからには、もちろんアフターコーヒーは『茶房 わらび野』さんで。 福岡の街並を眺めながら、ゆったりとしたお時間をお過ごし下さいませ。

20120425_8

世知辛い世の中ですもの、たまにはちょっとドライブがてら遠出して、 日頃のストレスをデトックスしませんか? 春ですもの。 ちなみに、『蕎麦 文治郎』さん契約のハイヤーも手配できるそうです。 博多・天神近郊なら往復で5,000円とのことですので、 お仲間をお誘いのうえたまの贅沢っていうのもおすすめですよ!

店名 蕎麦 文治郎
カナ ソバ ブンジロウ
ランチメニュー 御膳¥ 2,500(税込)
季節の天麩羅盛り¥ 1,200(税込)
焼き鯖の押寿司¥ 800(税込)
ざる蕎麦とこんにゃく寿司¥ 1,000(税込)
温蕎麦とこんやく寿司¥ 1,000(税込)
夏野菜と順菜の冷やかけ蕎麦とこんにゃく寿司¥ 1,600(税込)
地鶏たたき蕎麦とこんにゃく寿司¥ 1,800(税込)
一箱 十二貫¥ 1,000(税込)
その他和食のコースも5000から。
※こんにゃく寿司はお持ち帰りもできるようです。
住所 糟屋郡篠栗町若杉20-1
営業時間 11:00〜19:00

TEXT BY

STAFF
AFRO FUKUOKA

福岡の情報ポータル&ウェブマガジン

OTHER LUNCH

同じエリアのその他のランチ