AFRO FUKUOKA

AFRO FUKUOKA

AFRO BLOG

福岡の今をあれこれ更新

  • CULTURE
  • 2018.1.19 Fri

ENTRY TITLE

映画『嘘を愛する女』舞台挨拶レポート!

TEXT BY 平塚 璃

TEXT BY

平塚 璃
経営企画

魚座の金星人+ すきな言葉は「生きてるだけでまるもうけ」 日本のサラリーマンはスナックに支えられていると本気で思っています。

21222

『夫は誰だった?』

このセンセーショナルな見出しの実在する新聞記事に着想を得た映画「嘘を愛する女」。 本作の主演・長澤まさみさんが登壇した舞台挨拶の様子を一部お届けします!

映画「嘘を愛する女」

「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」に輝くほど世の女性が憧れるキャリアウーマン・川原由加利(長澤まさみ)は、くも膜下出血で倒れた恋人・小出桔平(高橋一生)が職業はおろか名前すらも「嘘」だったことを知り、桔平の正体を追い、恋人の嘘に翻弄されるストーリー。

公式サイト

映画「嘘を愛する女」
http://usoai.jp/

男性ファンは勿論、同性からの支持も厚いことで知られる長澤まさみさん。
大歓声の観客に迎えられ、舞台挨拶が始まりました。


「皆さん!ただいまご紹介に預かりました、“吉田鋼太郎”でーす!


・・・嘘です、長澤まさみです!(笑)」
とずっと裏で考えていたという、茶目っ気たっぷりの挨拶を披露。

芸能界で仲の良い先輩方は福岡出身の方が多く、福岡に縁を感じていると話す長澤さん。せっかくなので博多弁にチャレンジ!ということで「バリ好いとーよ♡」と観客席めがけて言いました。

映画が公開になることについて「やっと皆さんのもとに届きます。」と安堵された様子。
謎に包まれたストーリーで話題の本作品について、「嘘に翻弄されていく中にも、そこには確かなものがあった、というところがポイントです。ミステリーやロードムービーの要素も詰まった、一言でラブストーリーとは表しきれない人間の成長物語でもあるんです。」と語りました。

川原由加利を演じる際に、監督からは“嫌な女”を演じてほしいという注文があったそう。
「仕事に熱中するあまり、時に周りが見えなくなったり、周囲からやっかみで面白くないなって思われる事があるのかな、と。そういう気持ちから“嫌な女”という要素を感じて演じました。」と当時の心境を語りました。


そして、小出桔平役を演じた高橋一生さんの印象については
“ー何でも出来るお兄さんー”。どんな場所でもそこに自然と馴染んでしまうイメージです。」と語りました。

共演者には吉田鋼太郎さん、川栄李奈さん、DAIGOさん、黒木瞳さんと豪華メンバーが揃い、劇中でも個性が光る面々のなか「DAIGOさんの変貌ぶりは見どころのひとつです!」と語る長澤さん。

吉田鋼太郎さんについては、「ご本人の性格から現場ではずっと“リーダー”と呼んで頼っていました。」

本作にて初めて長編映画に挑んだ中江監督。長澤さんとはCMで何度かご一緒した経験があり、「映画に対する熱い情熱をもった監督と仕事が出来たことはとても恵まれていました。」と語りました。



そして、映画を楽しみに待っているみなさんに
『嘘を愛する女』1/20[土]から公開になりますが、実話を基に生まれた物語です。自分にとって何が一番大切であるか問われ、自分を見つめ直す、そんな映画になっていると思います。仕事を頑張る女性や、男性の方もパートナーとの関係性を参考に観てもらえたらと思います。」と締めくくりました。

全てを失った果てに知る、本物の愛を描いた新たなラブストーリーの傑作。ぜひ劇場でお楽しみください!

TEXT BY

平塚 璃
経営企画

魚座の金星人+ すきな言葉は「生きてるだけでまるもうけ」 日本のサラリーマンはスナックに支えられていると本気で思っています。

OTHER BLOG

その他の記事