AFRO FUKUOKA [ONLINE] 福岡の今がつまったグッドライフマガジン

AFRO BLOG

福岡の今をあれこれ更新

  • GOURMET
  • 2016.2.1 Mon

ENTRY TITLE

福岡 路地裏酒場 #2 ~薬院、三角市場で見つけた、鉄板劇場~

TEXT BY 金井 隆太

TEXT BY

金井 隆太
AFRO FUKUOKA 編集・企画営業

1981年東京生まれ。バズフックパートナーズのにぎやかな仲間と楽しく過ごしてます。カレーとフットサルと路地裏の居酒屋が好き。

12861

ようこそ路地裏酒場へ

会社からの帰り道や、休日の夕方散歩してると、路地からのぞく雰囲気のある酒場。 入ってみようかなー、初めてのお店だしなー、あ、いや、常連さんいるし、今日は止めとこうなんて思わないで、ドアをちょっと開けたら、普段とは違う楽しい体験ができるかもですよ。

第二回の今回は薬院駅から、徒歩数分。渡辺通りに向かう途中にある、 路地裏ニストが大好きなエリア「三角市場」。 この三角市場の外側にあります、鉄板焼き・焼きそばのお店「童童(わらべ)」さんにお邪魔してきました。

R0017382

お店は三角市場の外側にありますが、せっかくなので、三角市場をぶらり。ほらもう、この感じ。歴史を感じるこの雰囲気。ワクワクしちゃいますよ。

R0017387

そして三角市場の外側に出ると、一際目立つ「童童」さん。 ビシビシと感じる広島愛。「広島・鉄板・酒場」の字面!座右の銘にしたいくらい好きなことばの組み合わせです。 また、外から店内が見えるので、路地裏ビギナーや女性の方も安心して入れますね。

R0017413

おひとり様でもお気軽に

12席のコバコ店内は、どセンターに鉄板が鎮座。 コバコなだけに、店主、遠藤さんの気配りが届くようなレイアウトとなっていて、とっても綺麗です。 店主・遠藤さんは広島で21年間お店をされていて、元々昔から興味のあった福岡に惹かれ、心機一転移住。昼夜問わずご自身の足で場所を探し、ついに薬院で鉄板焼きのお店をオープン。

R0017353

所作・音・香りを楽しむ鉄板劇場

水分の弾ける音と素材の焼ける音、そして華麗な手さばきで次々と出来上がる料理を見てるだけで楽しい!ライブを見に来ているような臨場感です。まるでギターテクのようなヘラさばきに惚れます。

R0017325

「せせり焼き」¥450

せせり焼きからAre You Ready?

童童にきたら、まずはこれ。唐津鷄のせせり焼き。 通常の若鶏は2ヶ月飼育してから、出荷されることが多いそうですが、こちらの唐津鷄は3ヶ月で出荷するため、明らかに大きく、プリップリ。ちょこっとお塩を付けていただいたら、口の中に旨味とコクが食感と一緒に駆け巡りました。1曲目から激しいスタート!

R0017331

「ハートランド生」500円

ハートに直撃ハートランド

鉄板焼きと生ビールの相性についてはご説明不要ですよね? でもこれだけは言わせてください、私史上ナンバーワンビールはハートランドでして、次生まれ変わるならハートランドの樽になりたいです。神様どうぞお願いいたします。 そして唇がくっついちゃうくらい、グラスがチンカチンカに冷っこくなってるです。ありがとうございます。

R0017344

「とんぺい焼き」550円

とんぺい焼きに死角なし

ハートランドの樽に生まれ変わったところで、お次はとんぺい焼き。童童スタイルのとんぺい焼きはトローっと半熟になった卵で作るため、カリッとふわっとのミルフィーユ。隣のお客様は吐息のようにこぼれる「はぁぁー美味しい。。。」を連発。新たに頼んだガッチガチに冷えたハートランドと一緒に味わえばノッキンオンヘブンズドア。

R0017338

このとんぺい焼きは卵にもこだわりがあり、広島からご好意で発送いただいている石本農場で作られた卵を使用。綺麗な色味と深い味わいが特徴。

R0017414

「焼きそば 一玉」600円

福岡ならここでしか味わえない焼きそばをどうぞ

童童の焼きそばは、過去に食べた長浜ラーメンが忘れられず、なんと2年間探し求めたそう。ついに出会った細麺は長時間熟成で、水分量が少ないため伸びにくく、しっかりとした食感が特徴。麺よりも多いのではないか?と思うボリュームの野菜と、甘めのソースが麺を引き立てます。また、油分と塩分が少ないため、ぺろっといただけます。

R0017316

鉄板劇場の名MC遠藤店主

開店と同時にひっきりなしに来店されるお客様は、常連さんだったり、カップルだったり、会社の同僚、女性がお一人など様々。 来店されるお客様に「童童の魅力は?」と聞くと皆さん「遠藤さんに会うと元気になれる」とおっしゃいました。 驚くことに広島から、遠藤さんに会いたくて来店されるお客様もいっぱいるそうで、お店に行ったついでに福岡観光をするという、まさにライブ状態。 軽快な広島弁と素敵な笑顔でお客様と爆笑トークをしながら、次から次へと美味しい料理を作る遠藤さんにこれからも期待です。

な、なんとAFRO BLOG読者の皆様へサービス!

童童さんからなんと、今回特別に「AFROのブログ見たよ」と伝えていただいたお客様へ「イカ天」を頂くことができました!サクッとふわっとしたオタフクのイカ天は、ハートランドのおつまみや焼きそばのトッピングにどうぞ!

童童(わらべ)

  • 住所:福岡県福岡市中央区渡辺通2-3-33
  • 電話番号:092-781-3370
  • 営業時間:
    ランチ11:30〜14:00(月曜日-金曜日)
    ディナー17:00〜22:00(月曜日-土曜日)
  • 店休日:日曜日(日曜日祝日の場合は開店・翌日店休日)
  • 席数:12席
  • ※金額はすべて税込みです。料金やメニュー内容は取材当日のものです。サービス内容等変更される場合もございますので予めご了承ください。

TEXT BY

金井 隆太
AFRO FUKUOKA 編集・企画営業

1981年東京生まれ。バズフックパートナーズのにぎやかな仲間と楽しく過ごしてます。カレーとフットサルと路地裏の居酒屋が好き。

OTHER BLOG

その他の記事