AFRO FUKUOKA

AFRO FUKUOKA

CULTURE

福岡のカルチャー情報をお届け

  • ART / CREAITIVE
  • 2019.1.21 Mon

CULTURE INFO.

パルコ・プロデュース「世界は一人」

  • 日程
    2019/4/13[土]〜4/14[日]
  • 時間
    開場12:30 開演 13:00 
  • 詳細情報
    作・演出: 岩井秀人
    音楽:前野健太
    出演:松尾スズキ、松たか子、瑛太/平田敦子/菅原永二/平原テツ/古川琴音
    演奏:前野健太と世界は一人(Vo,Gt.前野健太、B.種石幸也、Pf.佐山こうた、Drs.小宮山純平)
  • 会場
    北九州芸術劇場 大ホール
  • 料金
    S席¥8,000
    A席¥6,000
    ユース¥4,000(24歳以下 / 要身分証提示)
    高校生チケット¥1,500(枚数限定 / 劇場窓口にて前売のみ取扱 / 要学生証提示)

    ※未就学児入場不可
  • お問い合わせ
    北九州芸術劇場
    TEL 093-562-2655 (10:00〜19:00)

    【前売券取扱所】
    発売 :2019/2/10[日]10:00〜
    北九州芸術劇場、チケットぴあ、ローソンチケット
  • Web
    http://q-geki.jp/events/2019/sekaiwahitori/
23352

海のそばの街。世界の美しきイビツさを閉じ込めた “ある悲惨な男の物語”

2003年に劇団ハイバイを結成し、『ある女』で第57回岸田國士戯曲賞受賞、映像作品でもドラマ『生むと生まれるそれからのこと』で第30回向田邦子賞を受賞するなど、演劇界内外でその才能を高く評価され、今最も新作を熱望される劇作家・演出家 岩井秀人
綿密な取材を元に、家族間の確執、トラウマ、自意識など人間の赤裸々な営みを鋭く浮き彫りにし、深刻なテーマを内包しながらも、笑って泣ける繊細な喜劇に仕立て上げる岩井秀人が、自身初となる音楽劇に挑む。
タッグを組むのは、岩井が紡ぐ作品そのものが「歌」であると語り互いに信頼を寄せるシンガーソングライター・前野健太。 さらに出演には松尾スズキ松たか子瑛太をはじめとする岩井が出演を切望した豪華俳優陣が顔を揃える。
彼らがどのように呼応しその世界を広げていくのか。”ある悲惨な男の物語”に注目だ。

※詳細に関しては運営元に直接お問い合わせください

  • 日程
    2019/4/13[土]〜4/14[日]
  • 時間
    開場12:30 開演 13:00 
  • 詳細情報
    作・演出: 岩井秀人
    音楽:前野健太
    出演:松尾スズキ、松たか子、瑛太/平田敦子/菅原永二/平原テツ/古川琴音
    演奏:前野健太と世界は一人(Vo,Gt.前野健太、B.種石幸也、Pf.佐山こうた、Drs.小宮山純平)
  • 会場
    北九州芸術劇場 大ホール
  • 料金
    S席¥8,000
    A席¥6,000
    ユース¥4,000(24歳以下 / 要身分証提示)
    高校生チケット¥1,500(枚数限定 / 劇場窓口にて前売のみ取扱 / 要学生証提示)

    ※未就学児入場不可
  • お問い合わせ
    北九州芸術劇場
    TEL 093-562-2655 (10:00〜19:00)

    【前売券取扱所】
    発売 :2019/2/10[日]10:00〜
    北九州芸術劇場、チケットぴあ、ローソンチケット
  • Web
    http://q-geki.jp/events/2019/sekaiwahitori/

OTHER INFO.

福岡のカルチャー情報をお届け