AFRO FUKUOKA [ONLINE] 福岡の今がつまったグッドライフマガジン

AFRO BLOG

福岡の今をあれこれ更新

  • CULTURE
  • 2018.6.25 Mon

ENTRY TITLE

佐野玲於&横浜流星、来福!映画「虹色デイズ」トークショー

TEXT BY 迫口 あかね

TEXT BY

迫口 あかね
プロジェクトマネージャー

1989年熊本市生まれ。 企画・進行管理担当/夢見る少女じゃいられない'16

22447

6/11[月]天神コアにて、映画「虹色デイズ」(2018/7/6[金])公開記念トークショーが開催され、主演の佐野玲於さん(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、横浜流星さんが登壇しました!小雨の降る福岡でしたが、イベント時間にはなんとかもち直し(これぞスターのもつパワー!)、映画の魅力、そしてお二人の魅力をたっぷり堪能することができました。黄色い歓声に包まれた熱気あふれるトークショーの模様をお伝えいたします!

映画「虹色デイズ」

爆発的人気を誇る佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星のカルテット主演で描く、男子高校生4人の「友情」と「恋」に胸がときめく青春ストーリー!

ピュアで元気な愛されキャラの【なっちゃん(羽柴夏樹)as佐野玲於】、チャラくて女好きなモテ男の【まっつん(松永智也)as中川大志】、オタクで超マイペースな秀才【つよぽん(直江剛)as高杉真宙】、いつもニコニコだけど実はドSな【恵ちゃん(片倉恵一)as横浜流星】。 性格も趣味もまったく違うのに、4人はいつも一緒な仲良し男子高校生。おバカでお騒がせな楽しい毎日を過ごしていたが、 恋に奥手のなっちゃんが同級生の杏奈に片想いしたことで、4人の日常に変化があらわれ…?!

>作品紹介はこちら

■念願の福岡グルメ!

GENERATIONS from EXILE TRIBEのライブのため、イベントの前々日から福岡に来ていたという佐野さん。イベントの前夜に横浜さんと「ラーメンを食べに行こう!」と計画していたものの、横浜さんのお仕事の都合で叶わず、断念。

佐野さん「ライブが終わったら、流星と一緒にラーメン食べたいなと思っていたんだけど、流星が来られないからほそぼそと一人で…」と寂しさがあふれる表情でポツリ。それに対して、横浜さんも福岡の印象とともに、横浜さん「(福岡には)美味しいご飯がいっぱいある。本当にラーメン行きたかった!」と悔しさをにじませ、リベンジに向けた熱意をあらわしました。

■男子4人組の仲良しすぎる撮影現場!

映画の公式SNSで注目されているのが主演4人の撮影した写真や動画の数々。実は撮影中に1人1台スマートフォンが手渡され、撮影風景や休憩の合間に撮りあっていたのだそう。その様子から本当に仲の良いキャスト陣の雰囲気が垣間見れ、映画への期待も高まります。

現場はまさに撮影合戦となったということで、まだまだ秘蔵の写真が眠っているよう…公式SNSは絶対チェックしましょう!

撮影時の雰囲気をさらに深彫りすると横浜さん「(主演の4人の中で)一番年上だったので、お兄ちゃんっぽい…」というタレコミにファンから驚きの声が。

横浜「どっしりしているというか、ご飯行くときとかも『ここにしようか!』と決めてくれたり、頼りがいがある」佐野「いつもしないけどね、いつも任せっきり」と少し照れた様子。GENERATIONSでは最年少の佐野さん、そのギャップも知ることができるのも若いキャストが集まった映画作品ならではですね。

■個性的なキャラクターを演じてみて…

個性的な4人のキャラクターが輝く作品の映画「虹色デイズ」。ピュアで元気な愛されキャラ、なっちゃんを演じた佐野さん「なっちゃんのまっすぐさには、可愛いなともかっこいいとも思う。成長すると男前になると思う。」と語り、ご自身と似ているか?という司会者の質問に対して「僕ではないですよね、この人は」ときっぱり。これには会場も笑いがこぼれます。

一方、いつもニコニコ実はドSな恵ちゃんを演じた横浜さん「恵ちゃんが映画で唯一、(恋する)相手がいない(笑)。でも一番友達思いで、すごく周りを見てて、サポートしてくれているので、そういう気遣いができる人が好きな女性は、恵ちゃんに惹かれると思います。でもドSだから(笑)」

すると佐野さんがすかさず「流星もね」とツッコミ。「(高杉)真宙が見たって言ってました」とつよぽんを演じた高杉さんから聞いたという情報をこぼし、またしても会場を沸かせました。

■夢は4人でバンドデビュー?!

映画のコピー「この夏、男子だって本気で恋をする。」にかけて、司会者から「本気でハマっていること、ハマりたいことは?」という質問に横浜さん「ギターを始めて、今後ちゃんとやっていきたい」と回答。さらに「ダンスってのも考えたんだけどね、玲於の前だから…」とポツリ。すると佐野さんからも「よく踊っているよね、面白いやつ」と煽る言葉に会場のファンからは「みたい!」の声が。照れながら佐野さんに気づかれないようにこっそり披露する横浜さんに「かわいい〜!」と歓声が上がっていました。

一方、佐野さん「なんだろ、じゃあギターを教えてよ」と横浜さんにオファー!横浜さんは目を輝かせ「本当に?(中川)大志も弾いてるよ!」佐野「じゃあ4人で練習して、デビューしようよ!」横浜「でも、(高杉)真宙はギター持てないかも、細くて(笑)。」と予想外の盛り上がりを見せる一幕も。

■博多弁で映画のPRにトライ!

最後に映画のPRをせっかく福岡にいるのだから!と博多弁でトライ!会場のファンからの助けを貰いながら、2人のセリフが決定。司会者が「練習しますか?」というと二人とも自信満々に「大丈夫です!」と。佐野さん「こん夏、男子だって本気で恋するっちゃん」横浜さん「映画館で待っとるけん」

と流暢な博多弁を披露し、会場は歓声&拍手喝采。同じ主演の高杉さんが福岡出身とのことで横浜さん「(高杉)真宙とは高校からの同級生で、高校時代によく方言でしゃべっていたのを聞いてました。『〜〜っちゃん』って言ってた」と当時から博多弁になじみがあった様子。どおりで練習なしでもお見事なんですね!

■天神コアだけのスペシャル展示!

そして巨大バナーにお二人がサインを。なんとこちら、劇中で使用した衣装やパネルと一緒に、7/13[金]まで天神コアで展示中されるのだそう。映画を観る前に天神コアへ、ぜひ一度足を運んでみてはいかが?

いよいよ7/6[金]に公開を控え、佐野さん「より幅広い層の人に見ていただきたいです!学生の時に感じる青春の一瞬一瞬て、素晴らしいときなので、大人の人たちも羨ましく感じる作品でもあると思います。」横浜さん「疾走感があって、音楽も素敵で、少女漫画らしいファンタジーさとか監督が演出する世界観がマッチして素晴らしい作品に仕上がりました!主人公の4人が悩んで葛藤する姿を見て、今なにか頑張っている人のエールになればと思います!」と映画の見どころと合わせて、公開を待ちわびる人たちにメッセージを添えました。

映画「虹色デイズ」は7/6[金]から全国ロードショー!男子高校生が主役といういままでとは違う恋愛青春映画。淡くもどかしいストーリーに大人だって胸キュンしちゃうこと間違いなしの作品です。さらに仲良すぎるキャスト陣の白熱の演技も見どころ。ぜひ劇場でご覧ください!

CINEMA INFORMATION

映画「虹色デイズ」
公開
2018/7/6[金]〜
WEB
http://nijiiro-days.jp/

TEXT BY

迫口 あかね
プロジェクトマネージャー

1989年熊本市生まれ。 企画・進行管理担当/夢見る少女じゃいられない'16

OTHER BLOG

その他の記事