AFRO FUKUOKA [ONLINE] 福岡の今がつまったグッドライフマガジン

AFRO BLOG

福岡の今をあれこれ更新

  • LIFESTYLE
  • 2015.10.13 Tue

ENTRY TITLE

西戸崎のぼるの『勝手福岡マラソン』第2回

TEXT BY 西戸崎 のぼる

TEXT BY

西戸崎 のぼる
アラ4ランナー / 中の人 波田龍司(AFRO FUKUOKA 発行責任者)

アラ4にしてランに目覚め、ラン歴半年のくせに受け売りの知識をひけらかしてくるとっても面倒くさい中年男性です。何故「西戸崎」なのか、何故「のぼる」なのか。本人含め誰もわからなくなっています。助けてください。

11228

写真提供:福岡市 イラスト:西戸崎のぼる

こんにちは、のぼるです、西戸崎のぼるです。 前回ランに覚醒した顛末をブログにしたためたわけですが、これが思いのほか好評を博し、今や行くとこ行くとこで「どうですか?走ってますか?セコム、してますか?」と聞かれる始末。

…という書き出しでこの第二回を始めたかったにもかかわらず、恐ろしいほどみなさん西戸崎に興味なし。西戸崎の『勝手福岡マラソン』に全く興味なしです。ひどい!ランキングで見つけきれずに「→」押しすぎて腱鞘炎なるか思ったわ!

雨にもマケズ風にもマケズ、いいね!なくても泣かず

さて、そんな西戸崎ですが、あれ以降ももちろん懲りずに日々ランに明け暮れておりますので、今回は10月に入ってからのランの様子と、私のおすすめの福岡ランニングコースをひとつご紹介させていただきます。どうせみんな興味ないんだろうけどね!知るか!

ということでランに目覚めた先月、大阪遠征も含めて月間106km、平均1kmペース6分15秒というラン実績を残した西戸崎ですが、今月13日現在で以下の通り。

01

赤丸は会食のあった日。青三角はフットサルをした日。

なんと既に55.8mile(89.9km)!しかも1mileペース9分3秒(1km換算で5分38秒)という急成長!ランした回数が9回ということを考えると、なんと1回あたり約10km走ってることになりまして、ええ、これはもうまさにランの申し子と言えるのではないでしょうか。これにはさすがに西戸崎に興味のなかったあなたでさえ、すかさず声援代わりの「いいね!」を押したくなるはず!そして!押して!いますぐ押して!

02

いいね!は右上のここね、ここ。

ということで、ご覧のとおりわたくし西戸崎、非常に頑張っております。そのうえ最近では「走る」ということ自体に苦痛も特段なく、鍛え上げられた心肺能力のおかげで、10km程度の距離だと特に構えることも息があがることもなく完走する力を得ております。が、ただ、ここにきて私個人の性格に依存する最大の懸念事項がふつふつと湧いて参ったのです。そうです、私は何をかくそう、「昭和が生んだ最大の飽き性」、そう「すぐ飽きる」という特技を備え持っているのです。ええ、もちろんこのエントリーも既に書くことを飽きているのです。驚くことにランキングのくだりあたりで既に飽きているのです。

そんな私を、私自身がごまかしながらなんとか日々ランと向き合わせ、飽きることなくランを続けさせるために必要なこと。そのために最も大事なこと、それは同じコースを何度も走らないということでございます。そう、なにせ飽き性ですから、同じコースを走らないといけないという事実だけで向こう15年は走る事をやめてしまうのです。ということで既に40近くのランをこなしてきた西戸崎、既にたくさんの福岡おすすめのランニングコースをストックしておるわけですが、その中から今後小出しにひとつづつおすすめのコースをみなさまへご紹介させていただこうかと思う所存でございます。渡辺篤史さん風に。

題して「西戸崎のぼるの福岡ランニング探訪」

どんなに小さな声でもきっといつもきいてるから

さて、本日みなさんにご紹介するおうちいや、ランニングコースはこちらの御宅いや、こちらのコースです。あらー、これまた大きな円をぐるりと描くあたり、あらーそうですか、そうなんですねー、このあたりにご主人のこだわりを感じますねー、アールのかかりかたがもうほらわー、ほらー、これだと奥様もお食事の用意が楽しみでしかたない、そんな思いが伝わって参りますねー。ということでこちら名付けて

「福岡市民憩いの場所をぐるんぐるん」コースです。

04

スタート&ゴール地点はいろいろと物騒な世の中ですのでご愛嬌。

福岡市民最大の憩いの場所であり、福岡市民ランナーの聖地「大濠公園」はともかく、左上に見える小さな円、熱男たちの巣窟「福岡ドーム」をもぐるんぐるんするという、憩いスポットの二度づけ禁止条約に真っ向から対峙するこちらのコース。そう、それこそが本日ご紹介する「福岡市民憩いの場所をぐるんぐるん」コースなのです。

実はあまり知られていないランスポット「福岡ドーム」…

1 2

TEXT BY

西戸崎 のぼる
アラ4ランナー / 中の人 波田龍司(AFRO FUKUOKA 発行責任者)

アラ4にしてランに目覚め、ラン歴半年のくせに受け売りの知識をひけらかしてくるとっても面倒くさい中年男性です。何故「西戸崎」なのか、何故「のぼる」なのか。本人含め誰もわからなくなっています。助けてください。

OTHER BLOG

その他の記事