AFRO FUKUOKA [ONLINE] 福岡の今がつまったグッドライフマガジン

TRIP

めぐる

  • TRIP
  • 2015.10.16 Fri

ENTRY TITLE

AFRO FUKUOKA × JR九州

めぐる、モデル VOL.2 博多今昔カルチャーをめぐる

歴史ある街・博多では、今も昔も様々な文化が生まれ発信されています。「古きを知り、新しきを知る」と言いますが、今も昔も多種多様な文化が入り混じっているから博多エリアは面白い!今回は、博多の歴史を物語るスポットと、新たな文化発信を行うスポットをAFRO編集部×JR九州がセレクト。博多の今昔カルチャーをめぐります。

自分合ったおトクなきっぷ情報はこちら JR九州

TEXT BY

STAFF
AFRO FUKUOKA

福岡の情報ポータル&ウェブマガジン

1

今回はゆきこ(25)とあいり(26)が博多をのんびりめぐります。

博多駅をSTART!バスで約7分、博多区呉服町へ

西鉄バス『呉服町』バス停下車 徒歩 約1分

2

1.カフェ ブラジレイロ

福岡県福岡市博多区店屋町1-20

昭和9年に創業され、福岡最古の喫茶店として知られるブラジレイロ。当時、「九州文学」を創刊した火野葦平氏や原田種夫氏といった作家の方々も常連だったという、とても文化的なサロンです。博多に「珈琲の味」を伝えたお店で、こだわりのコーヒー&洋食をいただけます。

カフェ ブラジレイロからバスで約3分、福岡アジア美術館へ

西鉄バス「川端町博多座前」バス停下車徒歩約1分

15

フクオカアジアビジュツカン

2.福岡アジア美術館

福岡県福岡市博多区下川端3-1 リバレインセンタービル 7・8F

古くからアジアとの窓口でもある博多は、歴史的にも交流拠点都市として栄えてきました。そして1999年に、アジアのアート文化との交流を目的に、世界唯一のアジアの近現代美術の専門館として誕生した福岡アジア美術館は、刻々と変化していくアジアの芸術を発信し続けています。

福岡アジア美術館から徒歩で約1分、川端商店街〜櫛田神社へ

17

カワバタショウテンガイ〜クシダジンジャ

3.川端商店街〜櫛田神社

福岡県福岡市博多区上川端町6-135

博多で最初に栄えたという商業の町・川端町。老舗とともに新店が共存し、新たな博多カルチャーを生み出す川端商店街のアーケードは、「お櫛田さん」の愛称で親しまれる櫛田神社へと続きます。散策にもぴったりなこのエリアをめぐります。

櫛田神社から徒歩で約3分、MUJI BOOKSへ

34

ムジ ブックス [ムジ キャナルシティハカタ]

4.MUJI BOOKS [MUJI キャナルシティ博多]

福岡市博多区住吉1-2-1 キャナルシティノースビル3〜4F

約3万冊を超える書籍を、無印良品のアイテムとともに編集・選書したMUJI BOOKSは、料理の基本になぞらえた「さ(冊)し(食)す(素)せ(生活)そ(装)」で構成する書棚や、著名人の自宅蔵書棚、企画編集棚など、ユニークな視点で本と生活をとらえた複合売場です。

MUJI BOOKSから徒歩で約7分、九州郷土料理わらび

PA028210

バルウォークフクオカ2015(キュウシュウキョウドリョウリワラビ)

5.バルウォーク福岡2015(九州郷土料理わらび)

福岡市博多区博多駅前2-7-3

食文化の宝庫・博多を満喫するなら、11/3[火祝]に10回目の開催を迎えるバルウォーク福岡がオススメ! 110店の参加店から5店舗を選び、「おつまみ+1ドリンク」を飲み歩き・食べ歩きできるイベントです!今回は、数多くの参加店のなかから、博多ならではの家庭料理をはじめ、九州7県の郷土料理と地酒を堪能できる九州郷土料理わらびへ行ってきました。

TEXT BY

STAFF
AFRO FUKUOKA

福岡の情報ポータル&ウェブマガジン

OTHER POST

その他の記事

自分合ったおトクなきっぷ情報はこちら JR九州