AFRO FUKUOKA [ONLINE] 福岡の今がつまったグッドライフマガジン

VOICE

VOICE 来福した旬な著名人にお話を聞いてきました。

  • PEOPLE
  • 2015.6.10 Wed

VOICE TITLE

vol.62 是枝裕和

映画監督

INTERVIEW

  • 是枝裕和 [Koreeda Hirokazu]
    映画監督
    1962年、東京生まれ。87年に早稲田大学第一文学部文芸学科卒業後、テレビマンユニオンに参加。主にドキュメンタリー番組を演出、14年に独立し、制作者集団「分福」を立ち上げる。

TEXT BY

STAFF
AFRO FUKUOKA

福岡の情報ポータル&ウェブマガジン

10818

今そこにある空気感や温度までも届ける

2009年映画『空気人形』の公開前に、VoIcE vol.12にてご登場いただいた是枝裕和監督へ二度目となるインタビュー。今年で監督人生20周年を迎えるということで、是枝裕和氏の20年を振り返る特集記事が雑誌「SWITCH」で展開されるなど、大きな節目である今年の活動に各種メディアが注目するなか、待望の新作映画『海街diary』にかける思いや、監督のお仕事の流れについて伺った。

是枝監督ご自身が『海街diary』を手がけたいと立候補したというお話を伺いました。作品のどういったところに惹かれたのでしょうか?

単行本一巻目の前半で、三姉妹が父親のお葬式のために山形へ行き、初めて異母妹であるすずに出会うんですね。みんなで高台へ登り、街を見下ろすというシーンがあるんですが、そこですずが泣き叫ぶんですよ。三人でひとつだった絵が、四人の影がそこでスッとひとつに見えるというこのシーンで完全に心を掴まれました。蝉しぐれが響く印象的な夏の日のワンシーンに、惹かれたことがスタートです。

原作者である吉田秋生さんとは制作前にどういったことをお話されましたか?

こんな風に映画にしたいんですと、まずお手紙を書きました。その後お会いした時「もう娘を嫁に出す心境なので、自由に、是枝版“海街”にしていただいて構いません」と言われました。原作にないセリフやシーンがあっても良いんだと。ただ、鎌倉の四季の移ろいは大事にして欲しいなと、非常に控えめにおっしゃっていただきました。

僕は、この四姉妹をいつまでも見ていたいと素直に思いました。

そういえば、映画『空気人形』のインタビュー時も、お手紙を書いたエピソードを伺いました。大事なことはお手紙に託す方なのですか?

そうでしたね。『空気人形』の時は、主演であるペ・ドゥナに出演依頼のため手紙を出しました。やっぱり、手紙が一番じゃないですかね。ちゃんと伝えたいと思う時には。

さまざまな伝達手段があるなかで、なぜ手紙なのでしょう。

いきなり電話というわけにもいかないし、メールというのもね。自分が相手の立場だったとしても、貰った時、手書きの手紙の方が伝わるものがある気がします。

『海街diary』では、鎌倉の四季を撮るという課題がありましたが、いつもの撮影と違った点はありましたか?

季節感を撮るということだけで言うと今回だけではないのですが、春先に撮ったものを編集したり、色々と音楽当てたりしながら次のシーズンの脚本を書くという贅沢な流れでしたね。作り手にとっては、非常に恵まれた環境だったので、幸せな一年でした。

一年間かけて制作されたそうですが、完成した作品を見た時の感想はいかがでしたか?

僕は、この四姉妹をいつまでも見ていたいと素直に思いました。そういう意味では良い映画だなと(笑)

日常にある、ふと繰り返されていく物事を印象的に見せています。

姉妹構成やそれぞれのキャラクター性が鮮明に描かれていたのが印象的でした。細かなキャラクター設定はどのようにされたのですか?

三姉妹のあり方は、三姉妹で暮らしている方々を複数取材しました。鎌倉にこだわらず、いろんな場所で三姉妹を観察しましたね。どういうきっかけで喧嘩するのかとか、お風呂の順番をどうやって決めているのかとか。長女は、どういう風にみんなより早く母親のようになるんだろうとか、気になることを知っておきたいと思いました。

01

長女である幸と、四女のすずがどこか似ているところがあることで家族の“繋がり”をとても感じる作品となっていますが、二人の類似性についてはどのような演出をされたのですか?

原作にあるんですが、幸とすずはよく似ていて。冒頭すぐ、父親の葬式へ向かう次女と三女が、子どもの頃の幸の話をしていて「お母さんが幸のことをこんな風に慰めてたよね」と話すんですが、山形のお葬式のシーンでは、幸がすずのことをある日の母のように慰めてる。そういう性格のリンクのさせ方は、あらゆる場面で仕掛けていきました。本編では、梅酒を漬けるシーンも大事なところなんですね。おばあちゃんがやってきたことをまず幸がやり、幸がやっていたことを次はすずがやっていくことになるということで、何かが確かに受け継がれていくことを表現しました。日常にある、ふと繰り返されていく物事を印象的に見せています。

あの子たちを観察することでシーンにしていったものが
いくつかあります。

四姉妹をはじめ独特な性格の女性が多数登場しますが、監督が思う“女性らしさ”とは何でしょう?

女性らしさ…僕はね、あまり男性らしさ女性らしさというのを信用してないんですよ。何かあんまり好きじゃないというか。映画制作でも細やかな演出をする人は“女性らしい”とか言われるけども、実際女性らしいから細かいわけではなくて。むしろね、男の方が細かいところもあると思う。役者さんの場合、意外と女優さんはみんな男っぽいところを持ってる。だから僕は、意図的に女性らしさを撮ることはやらないですね。

02

それでは姉妹ならではと感じたことはありましたか?

取材をした時、三姉妹は、お風呂に入る順番が決まっていることを知りました。お風呂は短い人から順に入るというルール。お風呂が長い人は、先に入って急かされる心配もないし、最後に入った方が誰にも迷惑をかけないということ。これを女性的だというのであれば、そういうのは多分随所にあります。そうそう、撮影が始まる前、四人にみんなで暮らすあの家に集まってもらいました。早く家に馴染んでもらいたくてリハーサルの一環だったんですが、庭の草むしりをしたり、台所で料理を作ったり、掃除までしてもらいました。そこで印象的だったのは、障子張りもやってもらったんですが、障子に空いた穴を塞ぐのに、柄生地をハート型に切り取って使っていたこと。僕の子どもの頃の記憶だとね、白い障子の破れには白の紙でなるべく目立たないよう穴を塞ぐのが普通だったから。でも全くそうじゃなくて、縞々の紙をハートに切って貼ってしまうのを見た時に、「今の子たちがやるとこうなるのかもしれない」と思いました。単純に面白いなと思って、本編でもそのまま使いました。これも女性的といえば、女性的なことなのかもしれない。

ふとした瞬間も逃さず、ストーリーの一部にしていく感じなんですね。

あの子たちを観察することでシーンにしていったものがいくつかあります。次女である佳乃が、四女のすずにペディキュア塗るシーンもそうです。あのシーンは、現場で佳乃役の長澤まさみさんがスタッフの女の子の爪に、マニキュアを塗ってあげているのを見て「佳乃はすずに塗りそうだな」と思って脚本に追加しました。こういったシーンは、男の僕だけだと考えられないから、「観察するって大事だな」と思いました。

光の変化をどうゆるやかに伝えるかというところに気をつけました。

「いつまでも見ていたい作品」とおっしゃっていましたが、監督がとくに印象深いシーンはどこですか?

障子張りした後、江ノ島をバックにして四人が海辺を歩くところ。ちょっと逆光気味の光のなかで、四人が歩いていくシーン…あそこが好きです。

映画『空気人形』に続き、撮影カメラマンとして瀧本幹也さんを起用した理由は何ですか?

前回、非常にうまくいったので、また今回違うタイプのものをご一緒したいと思いました。

今回、撮影方法でこだわった点を教えてください。

前作よりもやわらかい雰囲気。前作は、光と影のコントラストを結構強めにしているんですが、今回はやわらかい光のなかで彼女たちを捉えていくという基本コンセプトでした。一年間通して撮るという条件を最大限に活かして、光の変化をどうゆるやかに伝えるかというところに気をつけました。

福岡人としては、2011年の九州新幹線全線開業時の映画『奇跡』も記憶に新しいものです。奇跡で出演されていた前田旺志郎さん、今回も出演されていましたね。さらに魅力的な人となっていたように思いました。

旺志郎?旺志郎は、良いよな〜。そうそう、良い男になってきたね。あの時と中身は全然変わんないけどね(笑)今回の作品では、まだすずの可愛さに気づききっていない子供っぽい感じが良いなと。きっと後で後悔するんだろうね、中学生だからまだそうだよな。

現場で生まれてくるものを大事にしたいと思います。

そんな旺志郎さん演じる風太に好意を寄せる、広瀬さん演じるすず。広瀬さんの瑞々しい魅力を存分に引き出していた本作でもありますが、台本なしの現場だったと伺いました。

そうですね、事前には何も伝えずその場その場でセリフを与えて話していきました。そもそも、子役には台本を渡さないようにしていて、渡さずとも演技が出来る子を選ぶようにしています。子どもに台本を渡してしまうと、家で母親としっかり練習してきてしまいますから。真面目な子ほどそうなんですね。そういうお芝居は、本番で何にも変わらない。やっぱり文字にして渡してしまうと、朗読の練習に夢中になってしまうので、耳から音で入ってきたものに対する感覚を大事にした方が良い。広瀬さんは、クランクイン前の稽古で台本が有ってもなくても出来る方だと分かっていたので、本人にどちらでやるかを委ねました。そしたら「台本なしでやりたい」と。

その場その場で感じたリアクションを含めて演じていたすずの表情が、ストーリーの真実味を強めていましたね。

三姉妹との絡みのシーンも、すずだけは、まっさらの状態で現場に来て、その場で時間をかけてセリフを覚え、みんなとの掛け合いを一から作っていく。現場で出来上がる瞬間に立ち会うという感覚が、役者にもスタッフにも緊張感を与える。用意してきたものがそこで再現されるというよりは、そこで生まれてくるものを、僕は大事にしていきたいなと思っています。

INFORMATION

8681

■ 監督・脚本:是枝裕和
■ 原作:吉田秋生「海街diary」(小学館「月刊フラワーズ」連載)
■ 音楽:菅野よう子
■ 撮影:瀧本幹也
■ 出演:綾瀬はるか / 長澤まさみ / 夏帆 / 広瀬すず / 大竹しのぶ / 堤真一 / 加瀬亮 / 風吹ジュン / リリー・フランキー / 前田旺志郎 / 鈴木亮平 / 池田貴史 / 坂口健太郎 ほか
■ 公式サイト:http://umimachi.gaga.ne.jp/
TOHOシネマズ天神 / ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13 / ユナイテッド・シネマ福岡 / T・ジョイ博多 ほか全国ロードショー
© 2015吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ


現在、九州劇場限定企画として、九州限定「末っ子“すず”の劇場diary」と題した下記キャンペーンを実施中!

■九州限定 末っ子すずの劇場diary
九州上映館の末っ子的存在“当劇場のすずちゃん”から届くdiary=日記を公開中!

■九州限定 家族自慢diary
ご家族の面白い話・泣ける話・感動した話・呆れた話…。自慢の家族に関するエピソードを募集。個人のTwitterからハッシュタグ「#九州_家族自慢」をつけて投稿して頂くと、抽選で四姉妹直筆サイン入りポスターなど素敵な賞品をプレゼント!

特設サイト:http://umimachi-kyushu.com/
Twitterアカウント:@umimachi_kyushu

INTERVIEW

  • 是枝裕和 [Koreeda Hirokazu]
    映画監督
    1962年、東京生まれ。87年に早稲田大学第一文学部文芸学科卒業後、テレビマンユニオンに参加。主にドキュメンタリー番組を演出、14年に独立し、制作者集団「分福」を立ち上げる。

OTHER VOICE

その他の記事